FXのボリンジャーバンドについて

FXで用いられるチャートの一つであるボリンジャーバンドは、統計学を用いて作られたチャートです。相場の価格がそれまでの変化の様相から見て一定の範囲に高い確率で収まるということから用いられています。
移動平均線と、それを挟むように2本のバンドが設定されています。その移動平均線を形成するローソク足が上方のバンドを上に抜いたならば売り、下方のバンドを下に抜いたときは買いという戦略が基本になります。相場の価格が変化が小さく行ったり来たりしている時にはボリンジャーバンドが大きく効果を発揮してくれます。
また、上下のバンドの幅が狭くなったときにローソク足が上方のバンドを上に抜いたら買い、下のバンドを下方に抜いたら売りという場合もあります。この際には、市場の価格変化が上昇か下降かどちらかに移る前触れであると見ることができます。

FXのボリンジャーバンドについて/FX-外国通貨を売買して稼ぐ金融商品-関連ページ

FXのキャンペーンについて
スワップ金利で手堅く稼ぐ
ストキャスティクスを用いるには
FXを外貨預金代わりに使うということ

このページの先頭へ戻る