FX開始時の特徴

FXを開始すると、大抵の人はチャートを見つつ取引する事が多いと思います、刻一刻と変わるチャートとにらめっこして、全ての局面で儲けてやろうと、スイングトレードを行ってしまい、いつまでも張り付いてしまうという形です。

 

これではいつか必ず逆方向に動く時が来ますし、必ず負けてしまいます。

 

長期間の流れを見て、順張りで行った方が良い結果を産むと思います、でも、1日の中の細かい動きを追い続けてしまい、初めて市場に参加した人がそのような値動きが解るはずもなく、1日に何回もの取引を行い、ビギナーズラックで勝てる局面もありますが、必ず負けてしまいます。

 

FXを始めた最初の年から勝つ人は自分の周りには少ないですし、流石に市場は9割の方が負けると言われるだけあって、同じような特徴を持って負ける方が多いみたいです。

 

でも何年か失敗してるうちに、値動きや市場の流れが解り、急にある年から勝ち始める方は多いです、私もそういう感じです。

FX開始時の特徴/FX-外国通貨を売買して稼ぐ金融商品-記事一覧

最近は以前ほど見かけませんが、それでもメールチェックするとFXの加入キャンペーンを告知するダイレクトメールが入っていたりします。FXをやろうとは思っていない為、きちんと確認したことはないのですが、それでもチラッと見た範囲では何らかの条件を満たせばキャンペーンとしては結構な金額、あるいは金額相等の何かをもらえる様です。正直、この様な気前のいいキャンペーンを実施すると言う事は、逆に言えばFXをすればそ...
FXで用いられるチャートの一つであるボリンジャーバンドは、統計学を用いて作られたチャートです。相場の価格がそれまでの変化の様相から見て一定の範囲に高い確率で収まるということから用いられています。移動平均線と、それを挟むように2本のバンドが設定されています。その移動平均線を形成するローソク足が上方のバンドを上に抜いたならば売り、下方のバンドを下に抜いたときは買いという戦略が基本になります。相場の価格...
FXというと、大きくレバレッジをかけて一攫千金を狙う人が多いと思いますが、私はスワップ金利で手堅く稼いでいます。レバレッジをかけた一発投資法は、大金を得られる可能性もありますが、多くの場合大損をして失敗してしまいます。スワップ金利による収益は微々たるものですが、一発退場となることがないのでFX初心者にはおすすめです。もっとも、スワップ金利目当ての投資法でも、為替の上下による損失はあります。これに対...
FXのチャートには、一定の範囲を示す「オシレーター系」というチャートがあります。その代表的なものがストキャスティクスです。ストキャスティクスは、2つの計算値によるラインから表わされるチャートです。その2つの数値が「%K」と「%D」で、前者は一定の期間を決めて変動する値段の中、どこに現在の価格が位置するのかを表したものであり、%Kの数値を平均で表したものが後者の%Dです。この%Dが自分が持っている通...
最近、FXを外貨預金代わりに利用する人が増えているという記事を見ました。外貨にはあまり詳しくないのでこの場合のメリットがよく分からなかったのですが、どうやら銀行の外貨預金に比べると手数料が安く、外貨の金利も高いというのが人気の理由のようです。FX初心者の方も練習代わりにレバレッジ1倍で外貨預金をするとも聞きます。銀行の外貨預金を利用した場合、どうしても高い手数料が必要になってしまうのだそうです。外...

このページの先頭へ戻る